« 大混雑の原因 | トップページ | 臨時・パートの組合加入 »

ガソリン値下げの恩恵

 4月に入って軒並み食料品関係が値上げになっている。売り出しチラシをにらめっこしながら、安売りの品物を探す毎日が続いている。そんな中で、ガソリン価格が道路特定財源の暫定税率問題で25円程度安くなっているが、車を通勤ほか頻繁に使う者にとっては、一番ありがたい恩恵を受けている。ちなみに私は毎月2,000kmほど車を乗るので、燃費がℓ10km程度と試算すると5,000円が得した計算になる。年間だと6万円にもなる。道路特定財源問題については、燃料が高騰したことで、税率の中身や道路整備とはとても思えない使い方が国民の前に明らかになったので、改革の良い機会として見直しする以外に方策はないだろう。

 一般財源化したとしても暫定税率を変えず生活者の暮らしや生活実態を考えない福田政権のやり方では、国民は納得しないだろう。あらためて暫定税率を廃止し、現在進めている道路整備の必要箇所についても再検討する必要がある。

|

« 大混雑の原因 | トップページ | 臨時・パートの組合加入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大混雑の原因 | トップページ | 臨時・パートの組合加入 »