« 臨時・パートの組合加入 | トップページ | リバウンド増税 »

昭和の日は反戦の日

 昭和天皇が亡くなって以降天皇誕生日だった4月29日が、みどりの日として祝日が存在していたが、昨年から「昭和の日」として改名されている。昭和天皇をいつまでも記念したい人たちが改名に動いたことは間違いないだろうが、昭和の時代は侵略戦争により私たちの家族や友人を亡くし、他国の人たちにも多くの犠牲を与えてしまった時代である。過去の過ちを二度と繰り返さないことを誓う日として、この昭和の日を意味づける取り組みが必要ではないか。まもなく5月3日の憲法記念日がくる。9条をはじめとする平和憲法を守る日と5月1日のメーデーを労働者の権利と団結を祝う日として祝日にする運動も盛り上げることで、ゴールデンウィークが社会変革を求める週間になるのではないか。

|

« 臨時・パートの組合加入 | トップページ | リバウンド増税 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 臨時・パートの組合加入 | トップページ | リバウンド増税 »