« 昭和の日は反戦の日 | トップページ | 開店休業から閉店へ »

リバウンド増税

 ガソリン等の暫定税率を自・公政権は地方が歳入不足に陥ることを大義名分に再可決の暴挙を行った。山口県の補選結果を真摯に受け止めない、民意を無視した行いである。5月からまたガソリンの値上げがダイエットのリバウンドのように値下げ前以上に上がると言う。まさしくリバウンド増税ではないか。暫定税率の期限切れにより、1ヶ月間とは言え、物価上昇の中で庶民生活にはありがたい恩恵だったはずだ。いかに税の重みが今まで知らず知らずかけられていたか、改めて道路特定財源の問題点が浮き彫りとなり、国民の誰もが関心を持つチャンスとなった。通勤手段が車しかない北海道の地方においては、車の燃料代が家計に占める割合も大きい、値上げによる増税は生活へのダメージが大きいのである。早く解散してもらい与野党逆転の政治状況を作り出すことが今一番国民が望んでいることではないか。

|

« 昭和の日は反戦の日 | トップページ | 開店休業から閉店へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

一ヶ月限定のバーゲンセール、この怒りを忘れずに選挙では社会民主党と「山口たか」さんに投票して、政治の流れをかえましょう。

投稿: ブルちゃんのひとり言 | 2008年5月 2日 (金) 03時16分

ガソリン税再議決に便乗しての値上げです。石油元売り大手のトップ「新日本石油」の昨年12月期決算では、前年の2倍の純利益約1400億円をあげています。
 3月期決算がまだ明らかになっていませんが、原油高で石油元売り大手は、莫大な利益を上げていることに違いないと思っています。
 北海道民にっとて、冬の灯油と通常のガソリン価格は、公共料金の最たるものです。
 その価格が、民間企業の自由裁量になっていることに問題があると思います。

投稿: 釧路の社民党 | 2008年5月 6日 (火) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昭和の日は反戦の日 | トップページ | 開店休業から閉店へ »