« 社会新報まつりの準備 | トップページ | ショッキングな事件 »

行革の嵐

 労働運動が盛り上がっていた時代には、集会などの前段には必ず反戦・平和などの労働歌が歌われていた。歌を共にうたうことで労働者同志の一体感、団結を培っていたと思う。最近の労組の集会では、あまり自作の創作曲を歌っている場面も見なくなった。

 先日札幌に出かける機会があったが、ヘッドホォンをしながら街を歩く若者が多いこと。好きな音楽をどこでも自由に聴ける時代ではあるが、あまりにも商業ベースに乗せられた音楽が多いのではないか。集会に参加する若者には、長々として眠くなるような挨拶よりも、メッセージ性のある歌一曲で共感を得る方が効果的ではないか。

 団塊世代は、グループサウンズやフォークソング全盛期を青年で過ごした世代だろう、楽器が弾けるとすれば、是非今の社会を変えるためのメッセージソングを草の根的に作り、世直しの機運が高めてほしいものだ。

 そこで下手な詞ではありますが、私も創作してみました。

 

「行革の嵐」
白髪頭の ライオンヘアー
赤字 赤字 叫ぶ言葉は改革だ
小さな政府 目指します
なりふりかまわず 切り捨てる
びびる役人
ゴマする官僚
おどる国民
抵抗勢力 ぶっつぶす
刺客を差し出し 大勝利
行革の嵐
行革の嵐
ほほ笑むやつらは 闇の中
白髪頭のライオンヘアー
進め 進め 郵便局は民営化
小さな政府 目指します
弱い者は 切り捨てる
減らせ賃金
あやつるマスコミ
だまる組合
痛みに耐えて 我慢しろ
自治体合併 天の声
行革の嵐
行革の嵐
ほほ笑むやつらは 闇の中
白髪頭のライオンヘアー
減らせ 減らせ 公務員はいりません
小さな政府 目指します
公共サービスを 切り捨てる
重い税金
減らされる年金
増える貧困
格差が出るのは 当たり前
勝ち組だけが 生き残る
行革の嵐
行革の嵐
ほほ笑むやつらは 闇の中

|

« 社会新報まつりの準備 | トップページ | ショッキングな事件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

生き生き社民党ライフー久しぶりに読ませていただきました!行革の嵐ー最高です。まさにこの通り。メロディもつくと、パーフェクトです。切捨て、排除、勝ち組負け組み、、、痛みに耐えてがんばれと言ったけど、あんたは痛みなし、じゃないか。われわれ、市民にだけ痛みが押し付けられた。自民党をぶっこわす!と叫んだけれど、ぶっこわしたのは、国民のくらしだったというわけです。新報祭り楽しみにしています。その時、この歌を唄うというのはどうでしょう。

投稿: 愛と平和 | 2008年5月31日 (土) 01時33分

素晴らしい「詩」ですね、「愛と平和」さんが言うようにメロディがついたら最高と思います。それにしてもマスコミを総動員して、「小泉劇場」なるものをデッチアゲ、バブル議員を増やしてしまったツケが幾つも出てきています。この次の選挙では「刺客」から「渡り鳥」に転向される方もいますが、選挙民がマスコミや口先♂の目くらましに惑わされないように、社民党も宣伝力を強める必要があると思います。是非、メロディをつけてくれる人を探して、広めてください。期待しています。

投稿: ブルちゃんのひとり言 | 2008年6月 2日 (月) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 社会新報まつりの準備 | トップページ | ショッキングな事件 »