« 耐震には木がいちばん | トップページ | パワーアップには集まりが一番 »

偽装社会ニッポン

 金儲け主義の資本主義社会の成れの果てなのか、偽装事件が相次いで発覚している。今回は「うなぎ」に「牛肉」だが、あの手この手で商品のいたるところで偽装されているとしたら、何を信じて消費者は物を買えばよいのか?買った者が損をする「偽装社会ニッポン」になってしまった。生産者や製造者、販売者のモラルの問題もあるが、適正な商品生産や流通・加工・販売を行わせる法体制が不十分ではないかと思う。

 労働環境でも派遣という形で労働者が商品化されているから、偽装派遣ということが起きてしまった。なぜ派遣労働者やパート労働者など非正規労働者が必要なのかと言うことを考えれば、市場原理の中で競争に打ち勝つためには、労働者に配分される正当な賃金を抑えて、利潤を得ることが当たり前の社会構造になっていることが、偽装問題の本質にあるのではないか。

|

« 耐震には木がいちばん | トップページ | パワーアップには集まりが一番 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 耐震には木がいちばん | トップページ | パワーアップには集まりが一番 »