« ウナギ上りのガソリン価格 | トップページ | ギブアップ辞任 »

生活保護以下の最低賃金

 最低賃金のアップの動きが全国的に始まっているが、中小零細の経営者の意向を反映してか、わずか数十円のアップに留まりそうだ。せめて1,000円に到達しなければ、生活保護世帯に支給されている保障額にも達しない。格差社会と叫ばれつつ、改善するにも中小零細企業の収益も深刻なのだから、経営者の努力のみでは解決できなのではないか。

 わずか数十円が上がったとしても、税金と社会保障負担額も当然上がるので、手取り額はほとんど変わらないに等しいだろう。社会保障費の事業費負担分も中小零細企業では重荷となってきている状況もあり、大企業は別として中小零細への負担軽減の手立てあれば、労働者への賃上げも可能になるのではないか。

|

« ウナギ上りのガソリン価格 | トップページ | ギブアップ辞任 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウナギ上りのガソリン価格 | トップページ | ギブアップ辞任 »