« 時短で雇用対策 | トップページ | NPOの実情 »

人事評価がもたらすもの

 人事評価制度とのいうシステムが導入されている職場も多いと聞くが、果たして適正な評価や職場の生産性や能率、人材育成などが出来上がっているものなのだろうか?特に事務系の仕事だと事務の内容も複雑になってくるし、スタッフ制だったり、携わる者の経験の度合いや要員数の関係など、達成できるできないを評価・判断することが難しい問題でもある。私の職場にも導入の動きがあるのだが、管理職は2~3年で異動して行くし、部下の具体的な業務内容まで知っている管理職はほとんどいないから、果たして適正な評価ができるものなのか。繁忙期の業務調整もできず、担当者任せの実態が日常的だから、管理職自身も能力のなさを評価されることになる。この制度の問題は、評価の格付けランクで賃金格差や人事の昇任・降格にも反映させる仕組みだから、当然、仕事のできる、できないの判定に上司と部下の関係、同僚との関係でもギクシャクした人間関係が生まれるのではないだろうか。競争と分断がもたらす、人事評価制度でスタッフ制の仕事がうまく回るとは到底思えない。

|

« 時短で雇用対策 | トップページ | NPOの実情 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時短で雇用対策 | トップページ | NPOの実情 »