« 除雪で地域コミニティ | トップページ | 企業献金はすべて廃止すべき »

1999年9月30日の出来事

 プルサーマル計画の動きが、また一歩前に進んでしまった。推進側が言う安全論は、どこに根拠を置いているのか。イギリスやフランスで使用しているからと言うだけでは、プルトニウムやMOX燃料の製造が安全であるという根拠はどこにもないだろう。1999.9.30の出来事を思い出してほしいものだ。

 東海村のJCO臨界事故では、放射能により被ばくして死亡者が出てしまった。起きることのない事故と言うかもしれないが、予測のつかない事故が原発につきものであることも証明したのではないか。もう一つの大きな問題は、周辺住民への避難指示が手遅れで、隣接していた学校では授業が普通どおり行われていたし、目に見えない放射能の恐ろしさが現実のものとなってしまった。原発は事故が起きてしまうと取り返しのつかない事態になることを推進派の人はわかっているのだろうか。

 東海村の事故ばかりではなく、チェルノブイリ事故を始め世界中の原発で事故が出ているが、報道されることが少ないのは「臭いものには蓋をしろ」なのか。原発の周辺住民の人たちは事故と隣り合わせで、不安を抱えて暮していると思う。原発に頼らない太陽光発電や風力発電ほか新エネルギーの開発や普及に国策として積極的に進める時代になっているのに、あえて危険性の大きいプルサーマル開発に税金を投入しているのだから、もったない話だ。エネルギー政策の転換で雇用も拡大できるはず。

|

« 除雪で地域コミニティ | トップページ | 企業献金はすべて廃止すべき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 除雪で地域コミニティ | トップページ | 企業献金はすべて廃止すべき »