« 企業献金はすべて廃止すべき | トップページ | ETC普及の目的は何か »

定額給付金は社民党への寄付

 私の町はいつ給付されるか見通しがついていないようだが、振り込め詐欺に注意のチラシが我が家にも配られてきた。全戸配布だろうから、これにも経費かかり、給付以外にも税金が使用されることになる。2兆円を給付するのには銀行口座等への振り込み手数料だけで、159億円というから無駄な話である。

 給付されることは反対だがしかたがない状況なので、この機会に社民党への寄付に充てることにしよう。もともと定額給付金にこだわったのは、公明党のようだから、学会を通じて寄付を集めようとする意図が見え見えだった。麻生自・公政権は国民に飴玉を与え、選挙に有利にはたらけばと当てにしているだろうが、賢明な自治体は、給付金を寄付金扱いにしたり、本来国がやらなければならないはずの、雇用や景気対策、少子化対策に回す手立てにしたいという所が出てきた。

 給付金をもらってしまえば、何をどう使おうと個人の権利と判断になってしまうが、政治変革を目指す社民党に対する期待も最近の企業献金をめぐる報道を見れば、信頼できる政党として、国民からの期待が高まってくると思う。少数政党だけに、給付金の一部でも良いので社民党への寄付に回してもらいたいものだ。

|

« 企業献金はすべて廃止すべき | トップページ | ETC普及の目的は何か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 企業献金はすべて廃止すべき | トップページ | ETC普及の目的は何か »