« 祖国はひとつ | トップページ | 地産地消のライフスタイルに »

あとは野となれ山となれ

 15兆円オーバーの補正予算を組むというが、その殆んどが国債発行となるそうだ。すでに国債債務残高は550兆円に膨れ上がり、毎年度の利払いや返済額も国家予算の2割まで占めている状況だ。家計で考えれば、サラ金地獄のようなものではないか。ここ数年は30兆円ラインの国債で歳入を組んでるから、これだけでも限界オーバーと言える。さらに追加となれば、いずれ返済不能に陥り、国債が紙切れ同然となり、日本経済の破綻が現実のものとなるのではないか。国債に頼った景気対策は、さらなる借金地獄に陥るようなものであり、次の世代に重しを課すものではないか。垂れ流しの後先考えない、選挙目当ての飴玉政策としか言いようがない。

 環境対策として、個人向けにエコカーや太陽光導入に助成制度を打ち出しているが、原発推進ではなく大々的に新エネルギーに発電方法を転換する政策が必要である。

|

« 祖国はひとつ | トップページ | 地産地消のライフスタイルに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 祖国はひとつ | トップページ | 地産地消のライフスタイルに »