« ゼロ回答で労働者にしわ寄せ | トップページ | 祖国はひとつ »

迎撃は危険な動き

 北朝鮮から人工衛星?ミサイル?が発射されることに対して、自治体を巻き込んでの危機管理体制として、有事を想定してのあたかも訓練のような事態となったのではないか。前日の誤報は防衛省や自衛隊の失態をさらけだしているが、北朝鮮を脅威な敵国として、イージス艦の配備や迎撃ミサイルの配備を誇示するかのようにテレビ放映されていることに違和感を覚えてしまった。これまでも北朝鮮は、発射を繰り返しているが、今回のように有事体制を国民の前に明らかにして、政府が動いているのも意図があるように思える。

 北朝鮮の実験は、何を意図しているのか?平和的な解決をするためには、何が必要なのか?拉致問題の解決とあわせて、日本政府が行うべきことを判断すべきではないか。仮に迎撃したとすれば、日本と北朝鮮の関係は最悪な状態に陥るのではないか。拉致問題の解決にも影響を及ぼすことになるのではないか。

 国際的にも落下地点を公表していることからも日本本土を狙ったものではないことになるが、実験がぶっつけ本番的に行われていることや、北朝鮮の技術力が不確定のため国民の不安が増大したのではないか。

 北朝鮮との国交がない中では、情報すら明らかにならなし、発射場所の衛星画像でしか確認できない関係が問題ではないか。外交面での努力で、お互いの信頼関係が築かれなければ、今後もこのような実験は続くのではないか。

 うがった見方をすれば、ミサイル防衛の正当性と必要性の大義名分をつけるために、北朝鮮の脅威を煽っているようにも見える。国民を洗脳し、防衛費の増大で景気回復を考えているとしたら、国民の生活費が迎撃ミサイルに化けてしまうかもしれない。

 

|

« ゼロ回答で労働者にしわ寄せ | トップページ | 祖国はひとつ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゼロ回答で労働者にしわ寄せ | トップページ | 祖国はひとつ »