« 人の命と尊厳を大切にした政治 | トップページ | 破れかぶれのタレント頼みか »

ハコモノの中身は空箱

 国立メディア芸術総合センターと名称だけ聞くと、新たな文化施設をつくり、芸術の発信基地となるように見えるが、アニメ・マンガの殿堂となると、果たして117億円の巨額な予算を投じて作るべきものなのか?また一つハコモノ行政の無駄使いとなるのは火を見るより明らかではないか。中央官庁のやり方は、予算を単年度で使い切るため、てっとっり早い施設の建設で建設業界にお金が流れ、しいては政治献金で自民党政治家に戻っていくことになるのではないか。肝心の中身については、後から決めるというからハコモノの中身は空箱ではないか。

 すぐれたマンガやアニメが子供から大人まで、教育的にも良い作品が沢山あるし、私もマンガに影響を受けて育った世代でもある。もっと市町村の図書館を充実させて、その中にマンガやアニメのライブラリーコーナーを作って、多くの国民が教養できることに予算を使うべきではないか。文化的にも地域間格差が広まるだけである。

|

« 人の命と尊厳を大切にした政治 | トップページ | 破れかぶれのタレント頼みか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人の命と尊厳を大切にした政治 | トップページ | 破れかぶれのタレント頼みか »