« 人の命の尊厳とは | トップページ | 格差社会の変革が政策の柱に »

長かった悪政

 ようやく解散総選挙が見えてきた。国民の信任をえないまま、長きに渡って首相や大臣がコロコロ変わり、自公政権にはつくづく哀訴をつかしている人が多いだろう。都議会議員選挙の結果は正直に出ている。自民党内では麻生下ろしの大合唱が始まっているが、自分の選挙区での当落を考えているにすぎず、国民不在もはなはだしい。

 長かった悪政にピリオドを早く打ち、政権交代に社民党の影響力を示す時である。

|

« 人の命の尊厳とは | トップページ | 格差社会の変革が政策の柱に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人の命の尊厳とは | トップページ | 格差社会の変革が政策の柱に »