« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

安心して暮らせる政治とは

 北海道の最低賃金が時給667円から11円上がって678円になると言う。それでも生活保護費の平均より下回るというから、あまりにも労働者の賃金実態が低すぎるのではないか。小泉政権から国民に痛みを強制してきた自民党・公明党政権体制に、鉄槌を下す時がようやく来た。安心な暮らしとか未来に希望を持てる社会とか、自民党のマニュフェストにはきれいごとが並んでいるが、景気対策の柱は企業の金儲けが優先であり、労働者の賃上げや雇用対策は二の次、三の次となっている。働くものの目線に立った政策を打ち出していくのが社民党の役割であるし、多くの国民から共感を得られるものだろう。安心して子供のを産み育て、男女共同で人間らしく働き生き続け、安心して老後を暮らせる社会を国民は望んでいるし、その声を国会に届けるためには、社民党の議席を増やすこが、一番の近道である。残された期間に全力を尽くすとしよう。

| | コメント (0)

武器輸出で景気対策なのか

 憲法のもと、武器輸出は行っていない日本だが、風前の灯の麻生政権下で武器輸出を認める方針を打ち出した。選挙を目前にして安全保障問題をクローズアップさせる意図的な意味合いがあるのだろうが、武器輸出で景気対策とでも国民に言うのだろうか。武器輸出とは間接的に戦争への加担であり、死の商人になることを意味する。国民の安全を守る責任が自分にあると豪語する麻生首相であるが、武器製造に予算を投入するのではなく、生活に直結する賃金や雇用、年金、福祉対策に予算を拡大してもらいたいというのが国民の声だろう。国民無視の政治は一刻も早く終わらせなければならない。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »