« 基地と市民生活は両立しない | トップページ | エネルギー政策の転換を »

23年間の苦闘

 国鉄分割・民営化、JR採用差別に対する闘いに解決案が出され、和解の動きがでてきた。支援し連帯する仲間の一人として、当事者が納得する方向で解決されることを望みたい。23年間の苦闘の日々を考えると、人生そのものを変えてしまったことの和解金では、まだまだ不十分だと思えるが、当事者の年齢を考えると節をつけることも必要なことだろう。この闘いの解決が、多くの労働争議や裁判闘争にも影響するので、不当労働行為に対する責任の所在もあらためて明らかにする必要がある。

|

« 基地と市民生活は両立しない | トップページ | エネルギー政策の転換を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 基地と市民生活は両立しない | トップページ | エネルギー政策の転換を »