« エネルギー政策の転換を | トップページ | 民主主義が問われている »

玉虫色の鳩山カラー

 鳩山政権の支持率低下は、なんといっても首相の指導力、決断力のなさだろう。普天間の基地問題は、県外・国外との考えを打ち出し、沖縄県民から支持を得て選挙に勝利してきたのだから、当然のことながら普天間の問題を政治課題とした場合には、自分の主張で政治決着を目指すのが当たり前ではないのか。その時の信念も実行力も今の鳩山首相には見られない。それどころか発言内容も玉虫色に七編変化しているから、国民は半ば呆れ顔になっている人が増えているだろう。政治生命をかけて、国外移設をアメリカとの交渉に臨むことが、今一番必要なことではないか。腹案がありと言いつつも明らかにしないやり方は、国民を愚弄する発言ではないか。普天間の移設を主張した初心貫徹してもらいたいものだ。

|

« エネルギー政策の転換を | トップページ | 民主主義が問われている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エネルギー政策の転換を | トップページ | 民主主義が問われている »