« 民主主義が問われている | トップページ

連立政権とは誰のための政治だったのか

 辺野古に基地を作らせないとした鳩山首相の態度表明はなんだったのか?沖縄県民はもちろんのこと、国民の多くが沖縄から基地をなくす方向に動き出すと政治に期待してきたのではないか。今回の普天間基地移転にあたっての対応は、民主主義を無視したやり方であり、日米安保体制を優先してきた自民党政治と何も変わっていない。沖縄県民の気持ちと願いを受け止めて、行動してきた福島党首の対応が国民のための政治である。

 連立政権という枠組みから言えば、まずは政党間で不一致課題を整理することが先であり、地元との合意が最優先ではないのか。福島党首を罷免することは連立政権を崩すことであり、鳩山首相の優柔不断な身勝手な発言で翻弄させられてきた責任を厳しく問わなければならない。社民党は、沖縄県民の立場にたった政治を貫くことが一番大事である。

|

« 民主主義が問われている | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 民主主義が問われている | トップページ